Entry: main  << >>
作風と住んでいるところについて

沖縄でお邪魔したdoucatty(どぅかってぃ)さん。

ご夫婦と手伝いの若手さんで作っていらっしゃいます。

 

沖縄暮らしをイメージさせるテキスタイルや絵や布作品。

その色使いの鮮やかさとどこかモダンな雰囲気がとても気になって。

製作の日々でご迷惑とは思いましたがぜひとも工房を拝見してみたいと。

展示会のための大きなタペストリーが掛かっていて、針で

気の向くままに刺繍していらっしゃいました。

その自由な姿が目に焼きつきました。

格好つけず格好がついてくる。

 

バナナの林の中に工房兼住居がありました。

猫たちが私たちよそ者の様子を見ています。

バナナの花を初めて見ました。

我が家の周りとはまるでちがう風景です。

 

六角イロマンチャーと手書きのレシートに書かれていました。

一枚一枚とてもいいのだけど、沖縄の海の水面みたいなこの手ぬぐいを

いただきました。

風に揺れて欲しいので、窓辺の食器棚ののれんにしました。

 

息子はGo slowlyと書いたTシャツを。

お土産に庭のバナナまで包んでいただきました。

 

自分が作り手であるから感じることなのか?

こんなに別の分野の、知らない土地の作家さんのことに興味をもったことが

今まであっただろうか?

彼らの暮らし、沖縄という風土から生まれるもの。

伝統とも違ってもっとゆるい今、とても個人的な作品。

 

私の住む飛騨は真逆といっていいほど冬のながい気候。

海はなく山に四方を囲まれています。

作るものにどれほど影響するのでしょうか?

 

沖縄の作り手さんたち、とっても素敵だけど自分には真似できない何かがあります。

同じように私にもここ飛騨でしかできないような雰囲気みたいなものが表れたら

いいなと思います。

 

 

| pot-macaron | 22:58 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:58 | - | - |
Comment








Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Profile

e-mail

pottery.macaron@gmail.com

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links