Entry: main  << >>
温かい気持ちで

こちらは初日台北についてすぐにお邪魔した「温事」さん。

中山というかわいいお店の多いエリアの裏道にありました。

初めて入ったかわいらしい店内に見入っていると

ありました、

先日お送りした器。

おお、元気だったかい!

 

温故知新な店内、古いものと新しいものが同じように並んでいました。

和っぽいものが多いようなと思ったら。

店主の陳さんはかなりの日本通というか茶道通らしく。

二階に案内され、見せていただいた茶室にはびっくり。

たくさんの抹茶椀コレクション、茶道具、書籍。

日本に住んだことはないけれど、

何度も足を運んで茶道を学び、作品を集めたそう。

 

もういちど一階におりてみると、

日本のものが多い中に金継ぎした器がありました。

そしてよく見ると私の器にも何枚か金継ぎがしてあることに初めて気づきました。

「これはもしかして・・・」

うなづく陳さん。

割れて届いたのです。

厳重に梱包したつもりだったけど、やはりこうなったのか。

一瞬割れてしまったことにショックを受けましたが、

こうして一度目は気づかないくらいきれいに金継ぎしてくださっていたことが

嬉しく思えました。

私の方には無事に届いたと連絡がきていたのに。

 

初めて知り合った台湾人の陳さんはこんな人柄のひとでした。

 

海外から器のオーダーをいただくことが増えて、初めは信用できず全て

お断りしていました。

けれども、「作品は日本でだけ」と考えることが不自然なことのように思えてきました。

もちろん沢山は受けられませんので、お断りもしてしまいますが。

 

自分の器を扱ってくださるお店には足を運ぶと

またがんばろうと思えます。

 

 

 

 

| pot-macaron | 22:12 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:12 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

e-mail

pottery.macaron@gmail.com

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links