Entry: main  << >>
山陰旅と草花

夏休みが終わりました。

ずっと休まずがんばって、お盆すぎに天の橋立の友人宅、広島里帰り、島根、鳥取と

旅してきました。

砂丘はお天気でのどがカラカラ。

おかげで美しい風景に出会えました。

 

砂丘のすり鉢のようになった部分。

壁のように見える急斜面を息子が走って登ります。

私たちはなだらかな斜面より登りました。

登りきると海が一面に広がり、風が汗を乾かしていきます。

更に海までまた降りていき、また登る。

いろんな人々がいろんな格好でそれぞれ砂丘を登ったり降りたりしていて

おもしろいです。

写真家植田正治も砂丘と人の存在を面白く撮っていましたね。
とにかく砂丘という場所は不思議な空間です。

ただ広い海や空を眺めていると自分はアリのようなもの。

気持ちも広々としてきます。

 

鳥取では倉吉に立ち寄りました。

古い建物が多く残っていて路地裏がほっとする町です。

古いまんまにしておくことの大変さもわかります。

私たちのすんでいる古川と同じくらいの小さな古い町。

 

島根は石見銀山へ。

世界遺産になる前に訪れた事がありましたが、ほとんど変わらないような。

町がわかりやすく案内されてはいました。

郡言堂のカフェにはぜったい行きたかったので満足。

中庭に面するこの空間が好きです。

 

中庭には草花のテーブル。

庭の草花というアルバムがカフェに置いてあり、

じっくり見せてもらいました。

名前の分からない草花の名前がわかりました。

 

先日夫の仕事関連でフラワースタイリストの平井かずみさんが

我が家にいらっしゃいました。

憧れの方とうちでお話しできるなんて!

平井さんの本を見るようになってから、わたしも気負わず

四季の草花や雑草まで生けるようになりました。

とても可愛らしいのに気取らない方で、純粋な草花への思いを聞いて

やっぱり素敵な方だと思いました。

平井さんがうちの玄関に挿してあった雑草のような花を

「ヌスビトハギですね。」と。

うちの周りで草をとっていて見つけたもの。

大輪ばかりが花ではなく、足元に可愛い花が咲いているということに

気づく自分でいたいです。

 

 

| pot-macaron | 22:45 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:45 | - | - |
Comment








Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

e-mail

pottery.macaron@gmail.com

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links