わくわくしながら作ること

先週はうつわ、ごはん、暮らしの倉庫さん企画の個展にて

たくさんのお客様にご覧いただきました。

ありがとうございました!

今回は上野桜木あたりの3号棟、お住まいの一角を使われての展示会でした。

すでに桜も咲き始め、ゆったりお散歩している人々が楽しげでした。

 

初日バスが遅れて12時オープンに間に合わず、到着できたのは2時ごろでした。

けれども何人かのお客様とお話できました。よかったです。

気づくと大鉢、大皿などほとんど無くなっていました。

オープン時にラッシュがあったそうで。

 

上はゆるいカーブの鉢にハーブをのせたようなイメージです。

 

こちらは最後の窯で出てきた深ボウル、どんぶりとも言いましょうか。

店主のNさんに、「真紀子さん、これ今回のかわいい子でしょう〜」

と言われました。

そのとおりです。

前回の展示会のとき、かわいい子がどんどん旅立っていくと話した事

憶えていらっしゃいました。

でも大丈夫です、こちらはこれから量産できます。

ただ、思ったより一つに時間がかかります。

 

こちらは大鉢です。

大きめの柄にしました。

生き生きとした感じが気にいっています。

 

展示会を開かせていただくことの大きな収穫は、

新しい発見や次へ進む糸口が見つかることがあることです。

これが一番楽しい瞬間でもあります。

 

今回の東京で新宿伊勢丹に寄り、5階の「工房からの風展」を見てきました。

古臭さのないみずみずしい作品がいっぱいでした。

何年か前に「工房からの風」に出展させていただいた時のことを思い出します。

あれからだいぶん自分も変わってきたな。

でも自分の作るものに驚きや励まされているような感覚は今も持っていて、

わくわくしながら作っていたいな、と思っています。

それだけは大事にしていきたいと。

 

 

 

 

| pot-macaron | 22:28 | comments(0) | - |
昨年からのこと

昨年12月は息子のインフルや胃腸炎で、

仕事にもなかなか打ち込めずにおりました。

家族みな健康でないといけませんね。

 

年が明けて気分一新、

今年もよろしくお願いします。

 

大阪府堺市sizukuさんでの二人展では多くのお客様にご来場いただき

ありがとうございました。

夫のガラスドームに合わせたリム皿を作ってみました。

クリスマスのイメージも重ねて。

 

葉や草が多めのリースのように描いてみました。

 

こちらは「小さな世界」

sizukuさんと打ち合わせした、絵本の中に出てくるような風景。

12cmくらいの小さな角皿に描きました。

雪は窓から見える景色でもあります。

音楽が聴こえてきそうな雪景色。

 

ことしも雪の中、仕事を始めています。

暖かくなった作業場のおかげで凍えずにいられます。

 

今年の予定をざっくりとお知らせします。

2月 Rodinaさん、うつわpartyさん(どちらも企画展)

 

3月 うつわ、ごはん、暮らしの倉庫さん(個展)、

   うつわやフランジパニさん(企画展)

 

4月 学校橋雑貨店さん(企画展)

 

9月 手紙舎さん(個展)

 

12月 puento puentaさん(個展)

 

そのほか今年も手紙舎さんの豆皿市に出品します。

 

健康第一でがんばりたいと思います!

ご注文分もできるだけ早く・・・

 

 

 

| pot-macaron | 21:58 | comments(0) | - |
森皿と秋色マグ

森皿と名づけました。

21センチ皿の花の代わりに木々や草花を描いてみました。

 

草マグは白以外のベースも作ってみました。

地が茶や深緑だと秋っぽく落ち着いて見えます。

 

これらは名古屋市名東区のmokodiさんにお届けします。

いろいろお任せいただいたので、ちょっと冒険というかチャレンジして

しまいました。

(ご注文でチャレンジしていいのだろうか・・・)

 

先週はpuento puentaさんに納品しました。

こちらもご覧くださいね!

 

 

 

 

 

 

| pot-macaron | 22:11 | comments(0) | - |
茶色ベース

24cm皿など茶色ベースで作りました。

Eckepunktさんからの依頼であり、私もやってみたいと思っていたものです。

花たちが浮き立つような仕上がりになります。

ブルーグリーンベースのように少しメルヘンでしょうか?

 

メルヘンとは、おとぎばなしという意味ですが

少し暗い現実感が漂うイメージです。

白昼夢とでもいいますか・・・

そう、おとぎばなしは怖いのです。

お花畑と乙女、魔女や毒や呪いが一緒にでてきます。

とはいっても、お皿に毒や呪いはありませんのでご安心を。

 

イメージの中でハッピーでかわいい要素だけでないものを

どう表現するかが私には重要なことに思えます。

特に21cm以上の大きさの皿には物語のような部分が

自然と現れてくるように思えます。

 

かわいいだけじゃない、その部分を大切に

どこへ向かっていくでしょうか?

 

今回の窯でsizukuさん、Eckepunktさんに納品します。

 

 

| pot-macaron | 22:26 | comments(0) | - |
メルヘンな?

新色(といっても一年以上たつ)深緑をつかって
hanaボウルとLマグを作ってみました。
この感じ、メルヘン!絵本の中みたい。
また、色んなことが浮かんできそうです。
こんな時は手元においておきたい気持ちがいっぱいですが、
また作ればいい、とあっさり出品することにしています。


こちらはいつものHanaボウルSですが、
今回は頭の中がメルヘンなのか、木々を加えてみました。
お花はもちろん好きだけど、森や草原も、もっと描いてみたい。

これらは、Rodinaさんに出展しています。
2月4日(木)〜お時間ありましたら是非、お出掛けください。

 
| pot-macaron | 22:47 | comments(0) | - |
でこぼこの方向に


この前の窯から、新しい花器です。
(手前はパープル、奥はブルー)
貫入という白く細かい土があったので試しに使ってみました。

結果、逆に粗い土でごつごつした感じの物が作りたいということがわかりました。
つるつるな貫入土の表面に色マット釉がきれいすぎるだろうと思い、
石で表面をでこぼこにしました。
するとでこぼこに釉薬の濃淡がでてよかったです。
つるつるの方向よりもでこぼこの方向にいこうと思いました。

先週はpuento puentaさん、sizukuさんに作品お送りしています。

最近はうちの周りの花の種類が減っていて、つまらないので
花屋さんにいきましたが、その日たまたまか何も欲しい花がなくがっかりでした。
こちらのあじさいは野菜市場で見つけました。

花は少ないけど、どくだみ、スギナ、よもぎをせっせと摘んで干しています。
昨年同様、麦茶にブレンドするためです。
葉は炒ると飲みやすくなるそうなので、今年は炒ってみようと思います。

そろそろ健康診断の結果が。。。と思ったら夫婦そろって呼び出し通知。
なにか問題でも?です。


 
| pot-macaron | 11:05 | comments(0) | - |
新作色々

前回の窯より、新作で3色マグです。
名前は考え中です。(決まらないとこのまま)

最近Hanaシリーズをずっと作っていますが、ふと花以外に
ないなと思いました。
男性もお選びいただけるような、シンプルな、デスクの横などにも
違和感なく。。。
これだけ色をもっていると、2色での釉薬のかけ分けは
物足りない感じがしまして。
黄やピンクもブラウンやブルーグリーンと組み合わせると
すこし渋めに大人っぽくなります。


こちらはストライプの飯椀です。
こちらもトーン抑え気味で、やはり色は3つ使っています。


それからこちらはHanaシリーズの大皿(24cm)です。
いっぱいに描きこみました。
図案はトルコのイズニクをもとにMACARON仕上げです。
花たちもどこまで細かく描けるかな、と思いやってみました。
もっと細かい絵も描ける気がしますが、そうしていきたいかというと
違う気もします。
細かさを追求してしまうと、手をかけたこと自体に満足してしまって
大事なものを見失うように思えるのです。

それでもときには見失いながら、
MACARONらしさを探していきたいと思います。


 
| pot-macaron | 21:50 | comments(0) | - |
春は時間をとめたい

こちら飛騨でもようやく桜が咲き、いろいろな花を見つけることが
できるようになりました。

Hana18cm皿いろいろ焼きあがっています。
いちごのタルトがのせたいなーと思いながら日々が過ぎていきます。

最近雨ばかりで春の畑仕事にも入れず、庭木の入れ替え計画も進まずです。
今年こそ、家の周りの木々を葉の揺れる木々にしたいとずっと計画してきました。
自分で手入れできる木を植えたいのです。
早く取りかかりたい気持ちと、制作もすすめなくてはと言う気持ちと
草花を眺めたり飾ったりしたい気持ち、春の食材を使ってじっくり料理したい気持ち、
春はほんとに忙しいです。
時間がいっぱい必要です。


それで時計?
ずっとできずにいた時計、やっと時計針までつきました。
あとは箱を調達です。

先週はpuento puentaさんに器、納品しました。
今週はぎゃらりー藤さん、Sizukuさんに納品よていです。
こちらもよろしくお願いします。
| pot-macaron | 22:05 | comments(0) | - |
かもしれない運転


無事に焼きあがりました。
もっとも気温の低く乾きの悪い季節からせっせと作りためて、
先週素焼きで今回本焼きしました。

お待たせしていた上に失敗するわけにはいきません。なのに実は
素焼きであれ??ということがあり、焦ってしまいました。
素焼きしたものがススけてでてきたのです。
800度未満で消したのと火を消したときまだ、燃えきらないものが残っていたようです。

いつもと違う焼きぐあいが気になり、窯屋さんにも電話できいてみました。
温度がいっていれば焼きむらは関係ないとのことで一安心。

釉がけもぼうっと色をつけてはいけません。
色によってちょうどいい濃さが微妙にちがうからです。

同じものを同じように仕上げることは簡単ではありません。
車の教習所でならうようような「・・・かもしれない」運転が必要です。
「釉薬が薄いかもしれない、絵の大きさがおかしいかもしれない、
焼き色が変わるかもしれない。。。」

ともあれ、本焼きはスムーズに温度が上がり、ほっとしました。

代官山アッサンブラージュさんでの「Sakka展 vol.20」開催中です。
4月19日まで。
こちらもよろしくお願いします。





 
| pot-macaron | 21:49 | comments(0) | - |
花と雪

花を入れる容器、しかくいブロックで作ってみました。
短く切った草花や大きな花でも。


玄関にあれこれ花を挿してみています。
ほとんど実験です。
どんな容器にどんな花が合うのか、生けやすいのか。
桃やサンシュユ、スカビオサ、ラナンキュラス、リューココリーネ。
花屋さんは、いちばんいい時期と言っていました。
春の花がたくさんでてきて、長持ちもするそうです。


こちらは21cmの角皿で、今回焼いたものです。
この大きさ、描き甲斐があります。



はしおきもお花っぽい感じで作ってみました。
こちらは代官山アッサンブラージュさんで始まる「Sakka展」でも
並べていただく予定です。

春だ春だと喜んでいると、まさかの大雪!
やっと土が見えてきたのに。
また、除雪車の音がしています。
作ったものは凍らないように、ガラス工房に非難です。
 
| pot-macaron | 09:23 | comments(0) | - |
Page: 1/3   >>

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile

e-mail

pottery.macaron@gmail.com

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links