夏の料理帖

画像はあってもブログがなかなか書けずに。
この夏おいしくできた畑のピッコラルージュ。
トマトソースもいっぱい作ったので、マリネに。(ピクルス?)
湯むきのひと手間がトマトをぜいたくなデザートのようにしてくれます。
今回は白ワインビネガーと砂糖、水のみで漬けましたが、
スパイスなどいれても楽しそう。
サンデーボウルSのパープルにのせて。


グリーンカレーは定期的に作らねばなりません。
子どもはもちろん別鍋のカレーです。
本当に大好きなんですよねー。毎食食べれる!(笑)
こちらはサンデーボウルのグリーンMに。


枝豆もたくさんあったのでスープにしました。
ちょっとくせがあります。マメ科の植物はそうらしいです。
さらりといただける何かいい方法はないでしょうか?
私のテキトー料理ではしばしば問題にぶちあたります。
冷たいスープは夫のガラス、モールカップに少しがいいみたいです。


そしてそして。
夏前にpuento puentaさんのブログでなす料理が美味しそう!と
お話ししたら、レシピを詳しく教えてくださった
なすの香味炒め、美味です!
レシピをよく読み実践してみました。

なすを素揚げするだけでもおいしいのに、こちらのポイントは
干し海老やねぎ、しょうが、にんにくと炒めるところだと思います。
干し海老って最近めっきり料理に使っていなくて、
さて買おうとでかけるとなかなか売っていなくて、とほほ。
少なめサイズのものは見つからず、奮発してたっぷりサイズ。
でも買ってよかったです。
最近作っていなかった中華おこわとかとうふのあんかけなどに重宝しそうです。
ひとつの食材で世界が広がる料理っておもしろいですね。
器はHana18cm皿です。
puento puentaさんでは15cmで取り扱いいただいています。

夏の食材は同じものがいっぱいあるので、調理方法や保存方法をあれこれ考えられます。
シンプルにいただいたら、つぎはひと手間かけてみる、
いまいちなら少し変えてみる。
何度でも手を動かすうちに、勘みたいなものが身についてくるような気がします。

何にしよ、何にしよ、何にしよーーー!という時もあります。
疲れすぎないで台所に立つことが最も大切かもしれません。








 
| pot-macaron | 22:30 | comments(0) | - |
おにぎりの夏

この夏のおにぎりは、焼きとうもろこしのおにぎり。
とうもろこしをいただいては
塩でゆで食べる、さらに削りとってミキサーでペーストにしスープに、
とだいたい決まっていましたが。
今年はゆでたとうもろこしを焼いてしょうゆをぬって焼きとうもろこしに。
さらに削ってごはんと混ぜておにぎりにしてみました。
息子は焼きおにぎりが好きなので、とうもろこしおにぎりを焼いてもいいな。

それにしても今年の夏はおにぎりをよく作りました。
息子の夏だけスイミングはお昼に終わるので、
帰りにみんなとおにぎりを食べることになっていました。
そんなときはおにぎらずがぴったり。
おにぎりだけでお昼ご飯が終わりだと足りない気がしますから。(親としては)
子どもは何かと毎日忙しく、学童にあまり行けなかったのでお弁当は少なくてすみました。
ということは、仕事が進まずです。。。

お待たせしながらも、
うつわ、ごはん、暮らしの倉庫さん、puento puentaさん、三保原屋Loft店さん
に納品させていただきました。
よろしくお願いします。




 
| pot-macaron | 11:24 | comments(0) | - |
いろいろな器に盛って

毎日暑いですねー!

でもありがたいことに食欲はあります。
豚ばら肉を焼いて煮て、まずはお味見。
(きゅうりのキューちゃんみたいなお漬物を作り、
残った漬け汁がもったいなくて、転用)
青じそとからしで。
この後サラダに混ぜる予定。


それから、ズッキーニはいただいた黄色とうちのグリーン。
ズッキーニも天ぷらとか煮込みとか色々使いますが、
本日はにんにく、オリーブオイルで焼き色がごちそう。


ワンプレートにしたのは息子用。
+おにぎりとピッコラルージュ(今年のうちの畑のトマト)
食べることに興味が無いというか、他のことで頭がいっぱいの息子、
本当に困ったものです。。。

お皿はなんと!
結婚前にお世話になっていたワークショップジャム時代の私の商品。
ぜんぜん売れませんでした。申し訳ないくらい。
この時から色々な色を白と組み合わせたりしていて、このシリーズは好きでした。
何で売れないか分からなかったけれど、今思うと問題は多々あります。
26cmあって盛りやすいけれど、たたら作りなので底に広く土がでています。
(かびやすい)
色の部分は確か、ピンク、黄、ブルー、グリーン、グレーだったのですが、
色化粧という方法でこの部分に釉薬がかかっていないので汚れやすい。
釉薬がかかっていない部分があると使い手は選ばないことが多いと
瀬戸の訓練校の先生が言っていたような気がします。

問題だらけですが、もう一度挑戦したい気持ちがあります。
釉薬はちゃんとかけて、大きめで、色がきれいな。

最近我が家では朝ごはんパンの時はこのシリーズでいただきます。
ゆったり盛り付けられます。
何かある、と思うものは気づくまで日々使い続けます。

するとある時ぽっと答えがでるのでは?なんて思っているのです。




 
| pot-macaron | 22:22 | comments(0) | - |
落ち着く食卓

おいしいものがそろった朝食は幸せです。
もちろん土、日の学校のない日で。

駒ヶ根のギャラリーから夫がいただいてきたりんごジュース(善積農園)
高山のnonaka bakeryのバゲット
いただきもののビターチョコのグラノーラ(BLACK BIRD)
バゲットにはレタスやにんじんサラダやハムやたまごをはさんで。
ローフードのおいしい季節です。


こちらはお友達からのおやつ。
古川の和菓子やさんの揚げまんじゅうです。
あんどーなつの砂糖なしという感じでしょうか。
18cmHana皿にのせて、緑茶とともに。
あんこは緑茶がぴったりですね。

最近、そういえば食卓写真がないなあと気づきました。
食事がいい加減になっているのかというと
そうでもなくて、ただ写真に撮るという行動を忘れてしまっているのです。
ご飯ができあがると、さあーー食べよう!と
やっと落ち着いて座れるので。

 
| pot-macaron | 14:58 | comments(0) | - |
セレブなお教室

先日、飛騨コレクションさんでローフードのワークショップがありました。
セレブなお料理教室に参加した気分でした。


ローとは火を加えない、生の料理です。
サラダやスムージー、ディップが中心です。
毎日毎食これを食べようというのではなく、特に朝
ローフードをとるといいですよ、とのこと。
加熱しないので酵素が生きている、つまり私たちの体も
生き生きとして酸化しない、つまりアンチエイジングを目指せる
のです。

お料理教室という他人の手元を見ることができる機会、
新鮮で面白いです。
にんじんを低速のジューサーで搾ったり、
50℃洗いも学びました。
食材では、麻の実(Henp)を使ったり、ヘンプオイルを
ドレッシングに使ったり。


最後にいろいろ試食しました。
野菜を使ったローフードはいくらでも食べられるものでした。
そして驚いたのは、調理の仕方でこんなに野菜の味が変わるということ。
野菜くささのないジュース(ほうれん草のスムージー、アスパラのスープ、
にんじんの生絞りカクテル。)

あわわさんのナチュラルな料理を見て、
ますます、野菜の調理に興味がわきました。
白川郷にお住まいの方だそうです。
白川郷という秘境でなんと新しいおしゃれな食事法を提案されていることでしょう。

ローフードは野菜の色がそのままなので、
鮮やかな色とりどりのプレートができます。
わたしの色とりどりの器にも合わせてみました。
(写真はブルーグリーンのお皿)
 
| pot-macaron | 22:00 | comments(2) | - |
あっさりガトーショコラ


ハート型に粉糖をふるというベタなことを子供といっしょにやり、
真ん中でまずきってみると、なんだか完全にヒビが入ったハートになってしまった。


気をとりなおして21cm角皿に三人分配置。
ご飯後で引き続きワインといっしょに。

しかしまあ、薄いといいますか濃厚さにかけるガトーショコラでした。
つまり好みの感じではありませんでした。
家族は喜んでくれましたが。

メレンゲはしっかりたちふわふわに焼きあがったのですが、
あのガトーショコラのガツンと落ちる現象が起こらず。
ふわふわ過ぎたのかな、チョコレートのカカオ分とかの重みがないのかとか
あれこれ考えてしまいました。
材料に違いないでしょう。

ケーキにしてみれば、ちゃんと焼けてるじゃないのと言いたいでしょうね。

あとチョコを溶かしたものとメレンゲを混ぜていくとき
ぼうるや泡だて器にいっぱい残ってしまうチョコ、
もったいなくて嫌です。
でもいそがないと気泡が消えてしまうかも?とあわてているのです。
オーブンに入れてしまえばふうーっと一息つけます。

お菓子作りってけっこう体育会系じゃないかなと思います。
それで結果に満足できないとまたすぐに挑戦したくなる。

次はちょっといいチョコレートで。
もはや誰のためでもなく自分への挑戦です。




 
| pot-macaron | 23:15 | comments(0) | - |
ストーブにかけておくだけ料理

寒くなってきました。煮込み料理の季節ですね。
こちらは牛すじを八丁味噌で煮込みました。
名古屋でいう「どて煮」という感じです。

圧力鍋をストーブにかけておけばお肉がトロトロになります。
さらに大根、こんにゃくを煮て、最後に八丁味噌やうちの味噌など加えました。
ストーブにかけておくだけ料理の季節がきました。
こちらは2日目ですが、初日はキャベツの千切りを添えて。
濃いです、ごはんやお酒がすすみます。

サンデーボウルMのグリーンに盛ってみました。
奥は角豆皿に、近所の方にいただいた大根のお漬物をのせて。
べったら漬けのような甘みがあります。

べったら漬けといえばこんなことを思い出しました。
学生のとき東京に住んでいた頃のこと、恵比寿あたりのお祭りで
べったら漬けを売っている屋台がありました。
屋台のおじさんは、べったら漬けは山の上の方にうっすら雪がかかるころに
おいしくできるのだと言っていました。
東京には雪も山もないけど風景が浮かび、べったら漬けの麹の白は雪の白と重なりました。

そういえば週末は冷え込んで、うちから見える山の上の方にも雪がかかっていました。
雪のイメージで作った角豆皿を選ぶとき、そんなことを思い出しました。


ストーブにかけておくだけ料理の季節なのに。
悲劇です。

先日、初鍋は鶏や白菜の和風鍋と思い、たっぷりとったお出汁を鍋にいれ
火をつけようとしたら、出汁がコンロに流れでているではありませんか。
まさか、これからという時に!
あわてて違う鍋に移しました。
ひびがはじまでいったようです。手でわってみるとぱっくりと割れました。
何年使ったか、ありがとう鍋さん。

そして、作業場の片隅に素焼きのまま放置してあった土鍋のことを考えました。
あれを焼くしかないな。
土鍋は焼成温度が異なるので、それだけで焼かねばなりません。
少しで焼くなんてもったいないから、もう少し作ろうかな、
いやいや、土から練り直し成型していたら時間がかかるし。
今はその時間がない。
冬が来る前にする事がまた増えてしまいました。







 
| pot-macaron | 09:10 | comments(0) | - |
夏のランチ会

すぐ近所に住む木工家の夫妻kino workshopさんと
夏のランチを楽しみました。

この秋MONO STYLEさんで夫のガラスと私の陶器と
夫妻の木工で展示会があります。
その時のDM用写真を撮ろうということで、いろいろ持ち寄りました。

今回は器中心の「食卓」がテーマです。
三者それぞれの器にいろいろ盛ってみました。
いつもよりメニューはシンプルめになっていますが、
やっぱりいつものようにおいしい!
食事会になると食いしん坊ぶりに拍車がかかる私たちです。
この季節はお互い畑の状況を知らせあったり、
自家製野菜も多く並びます。

またDMできたらご案内します。


 
| pot-macaron | 21:56 | comments(0) | - |
料理は楽しく

先日友人のカフェ用に作った18cmボウルにカレーを盛ってみました。
どんな感じで使われているのかな?と思いながら。
こちらは鶏ひき肉でキーマカレー風です。

夫はルウのカレーが苦手になってしまったため、
もっぱらスパイスカレーを作ることになります。
スパイスカレーといってもあるものとスパイスを混ぜていくだけで、
かなり適当に作ります。
適当でないと料理って堅苦しくてめんどうなものになってしまうから。
それでも料理本読むのは大好きなんですよ。
意外な食材の取り合わせや器使いにはわくわくします。


こちらはセロリとノビルのピクルス、初めて作りました。
ピクルスって憧れてたんですよね。
たっぷりのピクルス液につける贅沢感が。
ノビルは雑草とりをしているときにたくさん採れて、
球根は小さいたまねぎのようで風味もあったので、漬けてみました。
らっきょうのようにコリコリとして美味しかったです。
セロリもそうでしたが、ピクルスにすると食感がずっと際立ちます。


またまた新作ボウルとサンデーボウルに。
こちらは鶏胸肉を焼いて、生クリームと豆乳でクリーム煮にしました。
グリーンアスパラガスがあったので一緒にすると
色も味もよくなりました。

料理はだいたいの方向を決めて進んでいくと、
思わぬアイデアが浮かび、
最終的に着地するところが初めに思ったところと
ちがうところになることがあり、おもしろいです。
そして、「きょうも和洋折衷か。」
とか、「何料理なの。。。」と言われています。






 
| pot-macaron | 22:12 | comments(0) | - |
日々山菜

山菜がたくさん食卓に上ると、じんわり、
田舎は贅沢だな。と思います。

いつでも採れるあずき菜天とふぐ天。
ふぐはたまたまスーパーで見つけて揚げてみたら、美味!
畑でたくさん採れた折菜のおひたし。
近所の方にいただいたふきの煮物。


わらびもいただきました。
採りに行きたいけどどこら辺でいつなのか
自分で分かってないと採りにいけないものです。
ちょっと苦いので厚揚げと煮て、卵でとじました。
器はいつものサンデーボウルMのグリーンで。

山菜も終わると夏野菜を植える計画で頭がいっぱいに。
昨年はミニトマトとジャガイモだけだったので、
今年はきゅうりやピーマンにも挑戦するつもりです。
あの支柱とかややこしい感じがするなあ。
と、人の畑をじろじろ見ています。


 
| pot-macaron | 21:31 | comments(0) | - |
Page: 1/2   >>

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

e-mail

pottery.macaron@gmail.com

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links