作家として

梅雨に入ってもあまり雨が降りません。

一方で土砂災害など起こっている地域もあるようです。

万遍なくなんて、人間の思ったように自然は動いてくれませんね・・・

 

夏椿の花がちらほら咲き始めました。

私が植えた第一号の木です。

 

先日新しくお取り扱いいただけることになった名古屋市名東区の

mokodiさんがはるばる工房まで来て下さいました。

 

色んなお話をしながら、mokodiさんの器やさんとしての思い、

作家に対する思いも伝わってきました。

「やはり注文が大変ですか?」

「注文に追われて楽しくなくなることないですか?

同じものいくつとか。」

図星でした。

注文が嬉しいのは確かですが、新しいものにとりかかる時間が全くなくなります。

次の窯も次の窯も注文分でいっぱいになると、

すき間に入れるサンプルのことさえ忘れてしまいます。

 

作家としてどう永くやっていくか?

ずっと仕事がいっぱいならばそれでいい、ということではありません。

どうやって自分らしく生き生きとものづくりをしていくか。

もちろん数がこなせなければ職業として成り立ちませんし。

 

mokodiさんは基本的に色柄お任せ、毎回色々でokとのこと。

そのほうが面白いだろうというお考え。

私もこんな自由な気持ちになれることはありません。

どんな絵を描いてもいいの?同じ絵じゃなくていいの?

 

ご夫妻のお人柄の、作家を単なる生産者として見るのではなく、

共に変化し、成長していこうという心構えに心打たれました。

お客さまにも色んなお話されているそうです。

「同じものなんてありません、

次回ものがくるときは全く違うものだと思ってください。」

 

あらためて自分は今どうなっているのか?

考えてみますと、急激に増えているお客様にだんだん対応が遅くなっています。

しばらく新しいものに取り掛かれそうもありません。

 

ではどうしていくのか?

まずは数作る必要があります。

つぎに注文をがんばる人でいくのか

それをストップしてでも展示会に向けて作りこむ人になるのか?

作家もいろんなタイプがいると思います。

自分にあったやり方が見つかった人が永く作っていける人になるのでは、

という気がしてなりません。

こんな私でも作家として次の段階にきているのかな、と感じています。

 

mokodiさんにはいろいろお持ち帰りいただきました。

早速店頭に並べていただいているそうです。

ぜひ、お出掛けいただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| pot-macaron | 23:18 | comments(0) | - |
お休み中はきんとんパイで

先週は息子がA型インフルエンザに罹りまして、
何も進まぬ一週間となりました。
あ、確定申告だけは無事終わりました。
Sさんありがとうございました。

上は最近私のお気に入りのサモサ生地で作りました、
「きんとんパイ」です。
息子の熱が下り、「明日の給食きんとんパイだったんだー!」
というので、時間もあることだし。
パイはちょっとヘビーだなと思い、
サモサ生地を揚げずにオーブンで焼きました。
リング皿ブルーグリーンにのせて。

ご紹介がすっかり遅くなってしまいましたが、
新しくお取り扱いいただいているネットショップが2つあります。
トリノワさん、puento puentaさんです。

トリノワさんはかわいいものを集めた雑貨やさんのようなお店。

puento puentaさんは器好きのお客様がたくさんいらっしゃる、
いつもお料理写真がおいしそうなお店。

私のわかりづらい写真より、きれいで見やすいと思います。
まずは覗いてみてくださいね。




 
| pot-macaron | 22:14 | comments(0) | - |
飛騨コレクション高山店

飛騨古川にあるお店、飛騨コレクションさんが高山に2号店を
オープンされました。
古川では一枚板の展示販売をオーナーがしていて、飛騨の木工、ガラス、陶器なども
紹介しているお店でした。
しばらくはこちらの高山店がメインとなるようです。

  
家具と共にMACARONの器、夫の吹きガラスも展示販売していただいています。
これから徐々に建物全体に手を加え、総合的なインテリアのお店に
していきたいとのことです。
現在の一階部分だけでも十分なスペースがあるような気がしますが、
3階まであるので、どんなお店になっていくのか楽しみです。

何よりありがたいのは地元の方達に私たちのしている事を
説明しやすいことです。
先日も、息子の学校の先生がお出掛けくださいました。
興味をもって見に行っていただき、とても嬉しいことでした。

オーナーの浦西さんは普段から友達として、
アドバイスをくれるちょっと年上の兄さんとして、
仲良くしてもらっています。
友達だからといっていいかげんなことはせず、
お互いの仕事をリスペクトできる関係です。

そうそう、味噌仕込みでもついに
エプロン姿で豆つぶしをがんばっていました、
尊敬してます。



 
| pot-macaron | 23:31 | comments(0) | - |
Page: 1/1   

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

e-mail

pottery.macaron@gmail.com

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links