「秋うらら」

9月5日(水)〜17日(月・祝)まで

東京都調布市手紙社2nd STORYにて個展があります。

 

担当者さんとじっくり作り上げてきた展示会です。

作るのは私なんですが、細かなやりとりやフライヤー作りに関しても

いろんな方の間に立ちよくやっていただきました。

 

私としては手紙社さんなんて乙女の羨望の的であるお店での展示、

乙女ごころが残っているかも不安になりながら?作ってきました。

まだ出来上がっていませんが今までで一番多い出品となりそうです。

 

秋風を感じ始める季節のかわりめでの展示会。

秋色のメルヘンを自分の中に設定してみました。

新作含め色はブルーグリーンやブラウンを普段より多めに焼いています。

壁掛けや時計も作っています。

 

初日は平日ですが在廊する予定ですので、ぜひご来場ください。

私の器を使ったカフェでのスペシャルメニューも準備されているそうです。

こちらも楽しみです!

 

 

| pot-macaron | 22:07 | comments(0) | - |
温かい気持ちで

こちらは初日台北についてすぐにお邪魔した「温事」さん。

中山というかわいいお店の多いエリアの裏道にありました。

初めて入ったかわいらしい店内に見入っていると

ありました、

先日お送りした器。

おお、元気だったかい!

 

温故知新な店内、古いものと新しいものが同じように並んでいました。

和っぽいものが多いようなと思ったら。

店主の陳さんはかなりの日本通というか茶道通らしく。

二階に案内され、見せていただいた茶室にはびっくり。

たくさんの抹茶椀コレクション、茶道具、書籍。

日本に住んだことはないけれど、

何度も足を運んで茶道を学び、作品を集めたそう。

 

もういちど一階におりてみると、

日本のものが多い中に金継ぎした器がありました。

そしてよく見ると私の器にも何枚か金継ぎがしてあることに初めて気づきました。

「これはもしかして・・・」

うなづく陳さん。

割れて届いたのです。

厳重に梱包したつもりだったけど、やはりこうなったのか。

一瞬割れてしまったことにショックを受けましたが、

こうして一度目は気づかないくらいきれいに金継ぎしてくださっていたことが

嬉しく思えました。

私の方には無事に届いたと連絡がきていたのに。

 

初めて知り合った台湾人の陳さんはこんな人柄のひとでした。

 

海外から器のオーダーをいただくことが増えて、初めは信用できず全て

お断りしていました。

けれども、「作品は日本でだけ」と考えることが不自然なことのように思えてきました。

もちろん沢山は受けられませんので、お断りもしてしまいますが。

 

自分の器を扱ってくださるお店には足を運ぶと

またがんばろうと思えます。

 

 

 

 

| pot-macaron | 22:12 | comments(0) | - |
台湾へ

台湾へ行ってきました。

息子の5年生の夏休みということで、思い切って久しぶりの海外へ。

パスポートはとっくにきれていて、家族でうきうき旅支度してきました。

 

ホテルは台北駅の近くで、新宿みたいだと思った。

気温は35度で湿度が高く汗がだらだらとでる。

アジアの国らしくパワフルであり、多種多様な人物がいる。

地下鉄で寝る人はいなくて、なぜか私たちも寝られなかった。

 

まずはホテルで荷を下ろし、夕方士林市場へ。

射的や食べ物屋台がいっぱいでにぎわっていました。

地下の食堂街は熱気むんむんでしたが、思ったほど美味しいものにありつけず。

水餃子に八角の強い甘いあんがかかっていたのは口にあいませんでした。

空シンサイ炒めは美味しかったのですが、すごいにんにくの量。

日本でたべる台湾料理よりヘビーでした。

油とにんにくで甘い。

 

初日なのでひかえめに。

フルーツジュースの店で、百花緑茶という名前にひかれてたのんだお茶は

甘い香りのとても美味しいお茶でした。

 

次の日行った小龍包やさんは、美味しかったです。

ウー・ウェンさんの小麦粉料理に出てくる感じがありました。

ジャスミンティがお冷ですが、美味しくて何杯もおかわりしました。


 

 

2日目、町歩き。

苔毛(たいも)というcafeはとてもおしゃれでゆったりしたお店でした。

飲み物ひとつひとつを職人的なお兄さんがいれてくれます。

見た目も美しい。

店内も美しい。

 

そういえば、台湾で飲み物はあてずっぽうにオーダーしてもすべて美味しくて、

とくにアイスティーはほどよくフルーツや花の香りが入っていて、

ウーロンでも緑茶でも紅茶でも美味しかったです。

 

夕方は淡水という海につながる運河へ。

息子がサイクリングしたいというので、自転車を借りて運河沿いを走る。

広場では音楽を奏でるひと、写真を撮るカップル、観光客、

いろんな人々がのんびりと過ごしていました。

 

ディーホァジェという町は古い町並みで乾物屋などのお店がいっぱい。

お茶やさんでお目当ての東方美人茶を試飲させてもらい、購入できました。

 

それにしてもこちらの植物はやはり南国、色鮮やかで強い感じ。

台北はマンションも多く、ベランダに花がこぼれて見えます。

ベランダに花木が茂っている家も。

植物園でじっくり植物について学びたかった。

 

この町で一眼を落とし、ここまでしか写真がない・・・

次回は、台北の中山地区にあるお店について書きます。

 

| pot-macaron | 22:35 | comments(0) | - |
雨の怖さ、雨の恵み

最後のあじさいを生けて。

連日の猛暑で花もぐったり。

 

先日の大雨でこの辺りでも避難勧告がでました。

いったいどれだけ降るのか、怖くなりました。

でもありがたいことにうちは何事もなくすぎました。

 

うちには山みずが流れていますが、突然ながれなくなり。

水をひいた方にきくと、土砂がつまってタンクに水がたまらず

流れてもこないのこと。

 

土砂をよけたらようやくまた、キレイな山みずが流れてきました。

ここのところの猛暑で山みずなしでは休めないくらいです。

昔のひとは山から流れるこんなに激しい水をうまく利用したのだから、

すごいなと思います。

| pot-macaron | 22:44 | comments(0) | - |
花々の下書き

もう六月中旬なのに肌寒いです。

14度の朝はこたえます。

近所の方からいただいたあじさいはきれいに成長していました。

昨年は夫の草刈機で無残に刈り取られました。

それでも立派に。けっこう強いですね。

水にさしておくと根っこが生えるくらい。

 

白い花は大好きで。

これに黄色と紫、葉のグリーン。

そういえば器の下書きに色を決めるとき組み合わせる色あわせ。

 

どっさりの素焼きにまずはえんぴつで下書きです。

たくさんの花を下書きします。

絵が決まれば後はひたすら色をつけていきます。

これで窯づめまで4日から5日かかります。

この間はできるだけ買い物に行かなくて済むように。

用事はささっと。畑や掃除もささっと。

 

6月27日から7月8日まで浦和パルコにて開催される

手紙社さんの展示に出展させていただきます。

お近くのお客さまはぜひお出掛けください。

 

 

 

| pot-macaron | 21:57 | comments(0) | - |
豆皿・箸置き市

今週末5月26日・27日は東京オーヴァル京王閣にて

第13回東京蚤の市と同時開催で、東京豆皿&箸置き市が開催されます。

フライヤーは横に長〜いの表裏印刷です。

MACARONのHana豆皿も今回は撮っていただきました。

 

昨年実際に京王閣に出かけてみて、楽しいものだらけのイベントでした!

普段目にしないいろいろな物をたくさん見られます。

買わなくても楽しめます。

手紙社さんワールドってすごいなと思います。

 

ぜひ、お出掛けくださいませ。

お天気に恵まれますように。

 

| pot-macaron | 21:51 | comments(0) | - |
珈琲タイム

秋田県横手市の学校橋雑貨店さんで「珈琲タイム」始まっています。

5月5日まで。

珈琲の時間が楽しくなる器や道具が並びます。

 

MACARONはマグや豆皿を出品しています。

上は新作マグ、たっぷり入るサイズです。

この大きさと形、受験生のころ毎日コーヒーを入れて飲んでいた

くまさんマグを思い出します。

コーヒーを飲む時はゆったりリラックスの時と、

がんばるぞ!というスイッチ入れ替えの時がありますね。

 

今年も飛騨のお祭りが終わりました。

学校が休みになり、子どもたちは地域の祭りに参加します。

練習してきた闘鶏楽、独特の衣装で鐘や太鼓を鳴らします。

小4から中学3年まであります。

あっという間に中3になるんだろうな。

 

祭りでいただいたお駄賃で、息子は辻村深月著「かがみの孤城」を買っていました。

本屋大賞受賞の字が小さく分厚い本、こんな本が読めるようになってきたのか。

もう小さな子ではないのです。

寂しくもあり、頼もしくもあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| pot-macaron | 23:03 | comments(0) | - |
わくわくしながら作ること

先週はうつわ、ごはん、暮らしの倉庫さん企画の個展にて

たくさんのお客様にご覧いただきました。

ありがとうございました!

今回は上野桜木あたりの3号棟、お住まいの一角を使われての展示会でした。

すでに桜も咲き始め、ゆったりお散歩している人々が楽しげでした。

 

初日バスが遅れて12時オープンに間に合わず、到着できたのは2時ごろでした。

けれども何人かのお客様とお話できました。よかったです。

気づくと大鉢、大皿などほとんど無くなっていました。

オープン時にラッシュがあったそうで。

 

上はゆるいカーブの鉢にハーブをのせたようなイメージです。

 

こちらは最後の窯で出てきた深ボウル、どんぶりとも言いましょうか。

店主のNさんに、「真紀子さん、これ今回のかわいい子でしょう〜」

と言われました。

そのとおりです。

前回の展示会のとき、かわいい子がどんどん旅立っていくと話した事

憶えていらっしゃいました。

でも大丈夫です、こちらはこれから量産できます。

ただ、思ったより一つに時間がかかります。

 

こちらは大鉢です。

大きめの柄にしました。

生き生きとした感じが気にいっています。

 

展示会を開かせていただくことの大きな収穫は、

新しい発見や次へ進む糸口が見つかることがあることです。

これが一番楽しい瞬間でもあります。

 

今回の東京で新宿伊勢丹に寄り、5階の「工房からの風展」を見てきました。

古臭さのないみずみずしい作品がいっぱいでした。

何年か前に「工房からの風」に出展させていただいた時のことを思い出します。

あれからだいぶん自分も変わってきたな。

でも自分の作るものに驚きや励まされているような感覚は今も持っていて、

わくわくしながら作っていたいな、と思っています。

それだけは大事にしていきたいと。

 

 

 

 

| pot-macaron | 22:28 | comments(0) | - |
北欧の森を連想して

個展のお知らせです。

3月17日(土)〜22日(木)

「上野桜木あたり」3号棟にて 会期中19日月曜休み

 

前回うつわ、ごはん、暮らしの倉庫さんの展示会は一昨年の秋に

夫のガラスと桜縁荘という古民家でありました。

この度はひとりで春の展示会となります。

 

ただいま窯たき中。

入りきらずもう一回焼くつもりですが、素焼きが底をつきてきました。

数がそろわないものになってしまいますが、

まだ何か描けそうな気がするので、最後の窯は冒険というかお楽しみに

したいと思っています。

 

こちらはフィンランドの飾り、ヒンメリです。

友達に教えてもらって作りました。

麦わらに糸を通してつなげるシンプルな飾りで、とても気に入っています。

ちょっとおまじない的な不思議な感じがするのは私だけでしょうか?

 

主催者Nさんのイメージ「まだ見ぬ北欧の深い森」

を連想しながら雪深い飛騨で作ってきました。

屋根から落ちた雪が窓を覆っていましたが、少しずつ景色が見えてきました。

土も見えてきました。

春だぁ〜!と叫びたくなるような嬉しさ、

こんな地に住まないとわからないでしょうね。

 

木々の間に花咲くような、草の間から芽がでるような景色を描いています。

どんな展示会になるでしょうか。

 

 

 

 

 

| pot-macaron | 09:04 | comments(4) | - |
アイスタウン

先週は冷え込みました。

こちら飛騨では珍しくはないことですが、氷点下の日中はつらいです。

窓が凍ったままです。

雪の量はたいしたことなく、今年は助かっています。

長く伸びたつららを集めて、なにやら息子が作りました。

アイスタウンだそうです。

 

2月8日〜千葉県八千代市Rodinaさんでの「陶器市」に今年も出展します。

 

2月10日〜17日は目黒区駒場PARTYさんにて

「おやつの時間のうつわ展」に出展します。

 

陶器市には大きめのお皿や角皿なども送っています。

おやつの時間のうつわ展にはお茶を飲む器とお菓子を盛るお皿を送ります。

春を先取りの花の器、どうぞお手にとって見てください。

 

| pot-macaron | 22:18 | comments(0) | - |
Page: 1/21   >>

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

e-mail

pottery.macaron@gmail.com

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links