山陰旅と草花

夏休みが終わりました。

ずっと休まずがんばって、お盆すぎに天の橋立の友人宅、広島里帰り、島根、鳥取と

旅してきました。

砂丘はお天気でのどがカラカラ。

おかげで美しい風景に出会えました。

 

砂丘のすり鉢のようになった部分。

壁のように見える急斜面を息子が走って登ります。

私たちはなだらかな斜面より登りました。

登りきると海が一面に広がり、風が汗を乾かしていきます。

更に海までまた降りていき、また登る。

いろんな人々がいろんな格好でそれぞれ砂丘を登ったり降りたりしていて

おもしろいです。

写真家植田正治も砂丘と人の存在を面白く撮っていましたね。
とにかく砂丘という場所は不思議な空間です。

ただ広い海や空を眺めていると自分はアリのようなもの。

気持ちも広々としてきます。

 

鳥取では倉吉に立ち寄りました。

古い建物が多く残っていて路地裏がほっとする町です。

古いまんまにしておくことの大変さもわかります。

私たちのすんでいる古川と同じくらいの小さな古い町。

 

島根は石見銀山へ。

世界遺産になる前に訪れた事がありましたが、ほとんど変わらないような。

町がわかりやすく案内されてはいました。

郡言堂のカフェにはぜったい行きたかったので満足。

中庭に面するこの空間が好きです。

 

中庭には草花のテーブル。

庭の草花というアルバムがカフェに置いてあり、

じっくり見せてもらいました。

名前の分からない草花の名前がわかりました。

 

先日夫の仕事関連でフラワースタイリストの平井かずみさんが

我が家にいらっしゃいました。

憧れの方とうちでお話しできるなんて!

平井さんの本を見るようになってから、わたしも気負わず

四季の草花や雑草まで生けるようになりました。

とても可愛らしいのに気取らない方で、純粋な草花への思いを聞いて

やっぱり素敵な方だと思いました。

平井さんがうちの玄関に挿してあった雑草のような花を

「ヌスビトハギですね。」と。

うちの周りで草をとっていて見つけたもの。

大輪ばかりが花ではなく、足元に可愛い花が咲いているということに

気づく自分でいたいです。

 

 

| pot-macaron | 22:45 | comments(0) | - |
真夏の風景

白いスカビオサ。

種を蒔くとちゃんと咲いてくれます。

 

今年せっせと穴を堀り植えたアズキナシ、樹形や葉脈くっきりの葉がお気に入り。

虫に穴をあけられたりもしていますが、新芽もでていて今年は大事に様子を見ます。

 

三年前に植えた夏つばき(ひめしゃら)はもう心配いらないくらい

葉が青々と茂り、花もよく咲きます。

この子も初めの年は、虫に食われたりさびのような斑点が葉にでて

心配したものでした。

 

つたのように伸びるカキドオシ。

いつの間にか茂っていた裏の木苺。

食べたら甘すぎて、食べてはいけないような気がしました。

私のしっている木苺とちがう。

 

癒しの山水。

冷たい山水でお茶を冷やしたり、手や肌もひんやりとさせてくれます。

そうめんや蕎麦もしっかり締まります。

 

真夏の私の工房。
暑いです、外みたいなものですから。

でも暑いなんていったら、お隣のガラス工房さんに笑われます。

これから工房を少し改装し、もう少し冬仕事が進むようにと

大工さんに相談中です。

 

ただいま、御注文分をすすめていますが一度にたくさんは

なかなかお届けができずにおります。

秋にはpuento puentaさんでの個展、

冬にはsizukuさんで夫との二人展と続きますので、

またお届けが遅くなってしまいますが、

よろしくお願いします。

 

 

 

| pot-macaron | 22:53 | comments(0) | - |
釉薬の調合

最近はまた少し色使いを変えてみたりして、ほんのちょっとのことを

足したり引いたりしています。

 

窯たきが4回続いたある日、ふと気になったことがあります。

釉掛けと仕上げの時に舞う粉塵について。

学校では粉塵に気をつけなくてはいけないと習いましたが、

まあたいした量ではないだろうなどとあまり気にしていませんでした。

 

西日が工房に射しこみ、きらきらと粉が舞うのが見えます。

結構頻繁にこの景色だな。。。

そして釉薬が少なくなって作り足すとき、

石や金属の粉末を混ぜていきます。

これを少なからず吸っている。。。

私の扱っている釉薬原料は中でも吸い込むと危険そうなものが多いのです。

釉薬が高温で焼かれたあとは大丈夫だそうです。

 

急に粉塵が怖くなったので、防塵マスクを買ってみました。

(これまでは、ふつうのマスクのみ)

そして調合を変えようかと勉強中です。

私の釉薬は一つの調合に色のもととなるものを添加しているので、

全てが変わることになるかもしれません。

今の色が出せなくなったらどうしよう、という心配と

このままで健康に被害が及ばないかという心配があります。

けれど、あの色が出せないなんてありえない!という気持ちが強くて

すぐには解決できない問題です。

 

釉掛けの方法も変更の余地ありです。

今より手こずってもっと時間がかかってしまうかもしれません。

 

思う表現ができるよう、少し研究していきたいと思います。

思わぬ発見があることも期待しながら。

 

| pot-macaron | 22:42 | comments(0) | - |
作品集2017

Lマグhana

 

草マグ

 

hana bowl M

 

Hana15cm,18cm皿

 

Hana21cm皿

 

| pot-macaron | 22:03 | comments(2) | - |
草花の応援歌

春は過ぎていったけれど、まだ肌寒いこのごろ。

うちの雑草畑にも色んな花が咲いてくれました。

ひとつひとつ、また今年も咲いてくれたね!

と挨拶をするみたいに毎日見つけては嬉しくなります。

 

季節はすぐに変わっていくので、花もあっという間に終わっていきます。

けれど、こんどは次の種類がでてきます。

葉の美しいギボウシや白がしっとりしたどくだみが今。

 

名前も知らない草花、どれもいきいきと姿を見せてくれて

力が湧いてきます。

春は応援歌を歌ってくれているみたい。

 

昨年の反省から、今年はどんなに忙しくても

畑や家の周りをかまっていこうと決めました。(といっても雑草とりや木の剪定程度)

そうやって毎日自然を見つめることが

私にはとても大切なことなのだとわかったのです。

 

ものを作りこむことを考えてみると、速さや勢い、土や窯の焼きにこだわる人もいます。

私の場合、

ふわぁーっとした柔らかな雰囲気が絵で出せるかに気持ちを注いでいます。

もちろん焼きでも雰囲気が変わります。

 

そっと私を応援してくれる草花たちのように、

だれかを和ませるような器ができたらいいなと思っています。

 

 

 

 

| pot-macaron | 22:35 | comments(0) | - |
大英自然史博物館展と東京蚤の市

前売りを持ったまま五月になって、今週末なんとか行きました。

国立科学博物館の「大英自然史博物館展」

上はドードー、翼があるが飛べない鳥。

 

息子は音声ガイドをかりて説明をききながら進みました。

 

自然史というものに興味を持ち始めたのは、そんなに前ではないのです。

たぶん植物を描くようになってから。

それから息子と恐竜や太古の地球について考えるようになってから。

地球では多種多様な生命が誕生、絶滅し、進化していっている。

数かぎりない種を分類し、わかりやすく教えてくれるのが博物館。

人間って何なのか?永い地球の歴史の中のほんの一瞬でしかない人間の歴史。

そのまた一瞬である私たちの今。

 

気づくと昼前から夕方五時半過ぎまで博物館にいました。

常設展も見ごたえたっぷりで、また日本館には行けませんでした。

 

今日は東京蚤の市に行ってきました。

帰りの時間まで2時間くらいしかなかったのですが、楽しめました。

豆皿市はどうかな〜?と見に行ってみました。

私の豆皿とはしおきはひとつもありませんでした。

今頃どんなお家に連れて帰ってもらっているでしょう。

ありがとうございました。

 

花マルシェも素敵でした。

古いものとドライフラワーを組み合わせたお店、よかったなあ。

買って帰りたかったけれど、無事に飛騨まで持ち帰れるか不安もあり。

 

息子はいつものワークショップ魂に火がつき、

「ハンモック作りたい!」

一人用の小さめハンモックを編みました。

編み進み、端まで行くと分からなくなり何度か教えていただきました。

そして、時間ぎりぎりにできあがりました。

人でいっぱいの会場をダッシュで出口に向かいました。

調布で特急が来てくれなかったら、帰れなかったかもしれません。

 

そうして無事帰ってきました。

明日からまた、仕事がんばるぞー!

 

 

 

 

 

 

 

| pot-macaron | 23:42 | comments(0) | - |
イベントに

やっと飛騨にも春がきました。

来るときは一気にきます。

椿も梅も桜も同時に咲きます。

 

5月3,4,5日は土岐美濃焼きまつりに出店します。

一年ぶりです。

試作サンプル、焼き色のちがいなどでしまってあったものたちを

販売します。

なかなか自ら販売に出かけられないこの頃ですが、

体力にまかせて出かけてみます。

夫のガラスも販売しますので、是非お立ち寄りください。

 

こちらは、5月13.14日の東京蚤の市中の豆皿&はしおき市のご案内です。

昨年に続き、出展させていただきます。

こちらも色々ご用意しました、

ご覧いただきたいと思います。

 

 

 

| pot-macaron | 22:03 | comments(0) | - |
春は遅れて

今年の春はちょっと遅くやってきてくれて。

まだ水仙もつぼみです。

ようやく雪がなくなって

見渡すと木が折れたり蕾ができていたりしています。

うちの周りは無秩序に木や雑草や蔓がのびていて、美しいとは言いがたい有様ですが、

そんな中で小さな春を見つけるのが楽しいです。

木瓜の蕾がたくさん。

 

レンギョウも雑草や蔓にからまっていつもきれいに咲けないようだったので、

ちょっと周りを取り除いてみました。

するとからまった蔓自体がレンギョウだったことに唖然としました。

切り取った枝は花器にさしておきます。

折れた枝でも部屋で芽吹いてくれます。

 

福寿草はふきのとうのすぐ後にあちこちで春を知らせてくれます。

まだやっと雪が解けた大地に花なんて素敵なものがあることを思い出させてくれます。

 

最近の21cmHana皿。

茎や葉を濃いグリーンで。

 

 

| pot-macaron | 21:23 | comments(0) | - |
春旅、東京

先週末は春旅東京。

開催中の個展会場エッケプンクトさんにもお邪魔してきました。

個性的なセレクトがとてもすてきなお店で、いろいろお話しでき、楽しかったです。

 

こちらへは昨年に続き息子のこどもエコクラブの発表できたのですが、前日に熱。

まさにミュシャの大作に観入っていた夕方に連絡がはいりました。

草間彌生もすごい人気でしたが、今回は私はミュシャでありました。

今までのきれいなポスターのイメージとは異なる、人類の歴史みたいな「スラブ叙事詩」に圧倒されました。

よかったなぁ。

 

息子の熱で帰らなくてはならなくなり、

前売りを手に入れていた大英博物館展は先おくり。

また行こうね、と計画中です。

 

 

 

| pot-macaron | 22:35 | comments(0) | - |
新作など

3月11日からEckepunktさんでの個展始まりました。

26日(日)までです。

 

前回ご紹介しました濃いグリーンを使った草マグです。

ブルーの下地にのせると鮮やかです。

アンリ・ルソーかフリーダ・カーロ!と勝手に思いました。

思うのは自由です。

 

ちょっと花をずらして大きめに描きました。

かなりお気に入りです。

 

Eckepunktさんのイメージでちょっと作ってみました。

小皿と豆皿。

花以外も楽しみたいです。

 

こちらも小さめ長角皿。

やっぱり春ですから!

 

 

 

 

| pot-macaron | 11:32 | comments(0) | - |
Page: 1/19   >>

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

e-mail

pottery.macaron@gmail.com

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links