Eckepunkt MACARON展

4月4日(土)〜12日(日)まで自由が丘Eckepunktさんにて

展示会があります。

 

このご時世自粛ムードで心が鬱々としてきますね。

歓送迎会、春旅などしたいことがいっぱいの春なのに。

楽しいことは諦められません。

 

器の中では花がいっぱい咲いています。

毎日の食卓が明るくなればうれしいです。

新作などもぜひご覧ください。

 

| pot-macaron | 10:29 | comments(0) | - |
ブルーもいろいろ

角大皿に森。

季節はもうすぐ春ですが、なんだか冬っぽいですね。

 

新色ターコイズブルーはコスミックーブルーとかマリンブルーとか、

緑成分が減ってきたようです。

まだひと樽目なのでよくわかりません。

釉薬は作ったばかりのと減ってきたころのとで変わってくるものがあります。

焼き具合や釉薬の厚みも関係しますが、今回は随分変化しました。

逆にまだまだ微妙な色が作れるということでもあります。

 

今年は冬がちゃんとなくて春が早いなと思っていましたが、

どうも春の気分がやってこないです。

新型コロナウィルスの影響で6年生の息子は学校が休校となり

活動が制限される長い休みとなっています。

私たち父母は工房にこもり、製作の毎日です。

 

4月は自由が丘Eckepunkutエッケプンクトさんで個展と

京都おうちさんでグループ展があります。

イベントは自粛ムードですが

混雑しないで見ていただければ嬉しいです。

 

| pot-macaron | 10:45 | comments(0) | - |
大寒は春の日差しにつつまれて

朝食より。

21cmHana皿を使ってみました。

シンプルな器はもちろんいいけれど、お皿の端から絵が見えるのもありかなと。

春が来たような日差しの休日の朝、大寒でしたが。

 

そばちょこサイズのフリーカップ。

 

新マグ。

ぽってりとした形、スープなどにも。

 

最近の24cm。

色々ないろあわせと構図を試しながら。

 

2月は千葉県八千代市Rodinaさんでの陶器市vol.7に出品します。

 

| pot-macaron | 22:16 | comments(0) | - |
雪なく12月

12月初旬ちょっとだけ降った朝、いよいよ始まるかと思いましたが。。。

以降全く積もりませんし、降りもしません。

まだ秋のようにぽかぽかした昼間もあります。

仕事にはありがたいことですが、なんだか妙な感じです。

このままクリスマスがきても降らず、年末年始にこそと期待をして?

 

たくさん作り発送しました。

初めての中国、上海のお店です。

何度かお断りもしましたが、熱心にメールをいただきました。

海外へは器を梱包するときは緊張しますし、心配でたまりません。

なのでお仕事を受けることはめったにありません。

 

海外であろうと国内であろうと

私がお取り扱い店にひとつこだわっていることがあります。

店主の方がわたしの作品を本当に気に入ってくださって、

自分のお客様に紹介したいと思ってくださるかどうかです。

もちろん私の作品の足りない部分などもそんな店主のご意見なら

お聞きして、改良していくべきだと考えています。

 

ネット上で調べて売れそうとか、単に左から右へ品物を流すような業者さんとは

思いを共有できないので作品を出す気にはなれません。

転売目的のお客様がいらっしゃることも承知しています。

器の行方まで見守ることはできませんが、

どこかで大事にしてもらえたら、と思います。

 

来年もたくさんお仕事いただいています。

ひとつひとつの展示会、ご注文、みな大切に作っていきます。

どうぞよろしくお願いします。

 

| pot-macaron | 14:59 | comments(0) | - |
大変さは楽しさに

玄関に陶板を飾ってみました。

 

今年も飛騨の工房めぐりが終わりました。

お出掛けいただいた皆様ありがとうございました!

出荷場を全部片付けてお掃除して花を飾るまでの準備は

大変ですが、皆さんが来て下さるとやっぱり楽しくて。

近くからの方から遠くからの方まで。

 

壁にかけているのは、26cmほどの壁掛けプレート。

お皿として使えます。

来年の個展などでも大小作りたいなと思っています。

 

六年生になった息子は今年もお茶だし担当してくれました。

自分の部屋もできたし、出てこないかと思っていましたが。

お客様がいらっしゃるとやる気になってしまうようで、

せっせとお茶を煎れ、おしゃべりして、片付けていました。

 

普段は仕事場でひとり黙って制作しているので

たくさんの個性豊かなお客様とお話しできたこと、とても刺激的でした。

 

来年もできるといいです。

 

| pot-macaron | 14:06 | comments(0) | - |
飛騨の工房めぐり2019

今年も飛騨の工房めぐりに参加します!

お知らせが遅くなってしまい、申し訳ありません。

実はお知らせしたつもりでいました。

 

今週末10月26,27日(土・日)

我が家のガラス工房と陶器工房、作品などご覧いただけます。

このためになかなかできなかった玄関の壁掛けや花器も作って飾ります。

壁掛けはお皿にもできる仕様に挑戦しました。

器はいつものマグやめしわん、お皿など展示予定です。

それから、ミニ花器として一輪挿しも作りました。

こちらは11月15~17日の東京豆皿・豆花器市に出品予定のものです。

一足さきに花を生けて展示してみます。

ぜひお手にとってみてください。

 

毎年うちなんかに人をお招きすることに躊躇しますが、

楽しんでくださる皆様もいらっしゃいます。

お茶を飲みながら、秋の飛騨をゆっくり巡ってみてください。

お待ちしております。

 

 

| pot-macaron | 22:18 | comments(0) | - |
木工房すえひろさんにて個展

10月5日(土)〜14日(月祝)まで

愛知県一宮市木工房すえひろさんにて個展です。

 

消費増税後、初です。

私自身、増税前にとパソコン新調したり少しはお買い物しています。

が、よく考えてみると、一万円のお買い物でも200円の差なんですね。

慌てて買うよりやはり欲しいものをじっくり考えて買うべきです。

 

木工房すえひろさんとは実は高山で窯を借りて作っていたころからの

お付き合いです。

まだ花の絵は描いていなくて、4、5色のマカロンカラーで

シンプルな器と幾何学模様や何だかよくわからない模様を描いていました。

飛騨に工房が移り花を描き始めてからは

イベント出展をさせていただいたりしました。

 

今回はだいぶん変わってきたMACARONでの出展です。

パステルカラー+渋色+新色ターコイズブルー

9色となりました。

ますます下書きで何色を組み合わせるか悩むこのごろです。

下書きが一番エネルギー必要みたいです。

 

今回はなんとなく草シリーズが多めです。

ずっと草の中にいる環境だからでしょうか・・・

 

 

 

 

| pot-macaron | 21:58 | comments(0) | - |
作風と住んでいるところについて

沖縄でお邪魔したdoucatty(どぅかってぃ)さん。

ご夫婦と手伝いの若手さんで作っていらっしゃいます。

 

沖縄暮らしをイメージさせるテキスタイルや絵や布作品。

その色使いの鮮やかさとどこかモダンな雰囲気がとても気になって。

製作の日々でご迷惑とは思いましたがぜひとも工房を拝見してみたいと。

展示会のための大きなタペストリーが掛かっていて、針で

気の向くままに刺繍していらっしゃいました。

その自由な姿が目に焼きつきました。

格好つけず格好がついてくる。

 

バナナの林の中に工房兼住居がありました。

猫たちが私たちよそ者の様子を見ています。

バナナの花を初めて見ました。

我が家の周りとはまるでちがう風景です。

 

六角イロマンチャーと手書きのレシートに書かれていました。

一枚一枚とてもいいのだけど、沖縄の海の水面みたいなこの手ぬぐいを

いただきました。

風に揺れて欲しいので、窓辺の食器棚ののれんにしました。

 

息子はGo slowlyと書いたTシャツを。

お土産に庭のバナナまで包んでいただきました。

 

自分が作り手であるから感じることなのか?

こんなに別の分野の、知らない土地の作家さんのことに興味をもったことが

今まであっただろうか?

彼らの暮らし、沖縄という風土から生まれるもの。

伝統とも違ってもっとゆるい今、とても個人的な作品。

 

私の住む飛騨は真逆といっていいほど冬のながい気候。

海はなく山に四方を囲まれています。

作るものにどれほど影響するのでしょうか?

 

沖縄の作り手さんたち、とっても素敵だけど自分には真似できない何かがあります。

同じように私にもここ飛騨でしかできないような雰囲気みたいなものが表れたら

いいなと思います。

 

 

| pot-macaron | 22:58 | comments(0) | - |
沖縄旅

沖縄、初めて訪れました。

これで日本全県旅できました。なかには滞在時間の少ない場所もありますが。

ずっと沖縄だけは出かけられずにいました。

沖縄は辛いことをいっぱい背負っているとか、本土の犠牲になっているとか

申し訳ない気持ちになってしまうこともありました。

今や世界的なリゾートで沖縄の人々はいい生活をしているとも聞きました。

けれど本当にそうなのか自分で見てみようとも思い。

 

沖縄の民家の造りは私たち雪国とはもちろん違います。

石やコンクリートなどの四角い建物が多く、木々も常緑の強い葉のものが生い茂っていました。

花は鮮やかにあふれていました。

 

首里城近くの食事処にて、沖縄そば。

こんなに噛み応えのある麺とは!

豚肉は甘辛くてしっかり味。

島とうがらしを泡盛につけた辛味も足してみたり。

 

さとうきび畑と空、海と空。

どんな景色も映画のように見えることがあります。

学生の時旅した、夏の東北や北海道を思い出すような瞬間でした。

写真にすると切り取られて見えてくるもの。

自分が本当に見ているもの。

 

 

 

| pot-macaron | 21:45 | comments(0) | - |
夏色で

久しぶりのブログです。

6月のmokodiさんでの個展では一日お店に立ち、たくさんのお客様とお話しでき

とても楽しかったです。ありがとうございました!

精一杯作りましたが、終わってみるとまだまだだなあ・・・と思います。

次はもっと何かできたらいいです。

 

上はお待たせしていたお店のご注文分より数点。まもなく出荷いたします。

涼しい色を並べてみました。

最近できたターコイズブルーもまた焼いてみたいと思っています。

 

大鉢もオーダーいただいておりましたので、ベースの色をグリーンにしてみました。

おまかせのオーダーは楽しいのですがご納得いただけるかドキドキです。

 

 

 

| pot-macaron | 20:54 | comments(0) | - |
Page: 1/23   >>

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Profile

e-mail

pottery.macaron@gmail.com

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links